日本と海外の『心』の教育の違い|BLESS

うちの子にはどんなことが必要なの?|日本と海外の『心』の教育の違い

TOP » うちの子にはどんなことが必要なの?|日本と海外の『心』の教育の違い

もっと大事にしたい、個性

最近、「個性を大事にする」ことの大切さが日本の社会全体で語られるようになってきました。子どもに限らず、大人にとっても個性は尊重すべきものだと。ですが、日本人はそれまで他の人と一緒であることに安心を感じていた民族。なんだかんだいっても自分の子どもがみんなと同じ行動を取ってくれると安心してしまうのです。

対して欧米では、子どもたちを見つめる視線が「集団」ではなく「個人」。最初から1人ひとりに注目して、その子の能力を伸ばす教育が進められているのです。

型にはめず、その子の持っている個性を大事にし、その子の考えを引き出す教育……これが将来の思考力に結びつくのです。

手を貸さないことも1つの教育

服を着る、ご飯を食べる、トイレで用を足す……この身の回りのことを手伝っていませんか? ちょっとしたことで手を差し出してしまうのは、子どもの自立を促すのにはあまりよくありません。

欧米では、子どもの身の回りのことを大人は一切手伝わず、ただ見守るのみに徹するのです。そのため欧米では自然と子どもの自立心が育つ環境となっているといえます。

ほめて伸ばすことが大事

よく「ほめて伸ばす」「叱って伸ばす」という教育方法がありますが、日本は「叱って伸ばす」のが主流です。「○○ちゃんはできたのに、どうしてできないの!?」「この前はできたじゃない!」という“つい”叱ってしまう文化が定着しています。そんな環境にいると、叱られないために頑張るというネガティブな想いが子どもの原動力となってしまうのです。

対して欧米では「ほめて伸ばす」のが基本。ほめられたときの嬉しさ、またほめてもらうためにもっと頑張ろうという向上心、自分はできるんだという自信、すべてがその子を伸ばす大きな糧となります。もっとほめられたいと願えばそれはその子の力となり、その他のさまざまなことにも素晴らしい影響を与えるのです。

無料体験レッスン受付中

Page Top


Copyright © 名古屋市の幼児 英会話インターナショナルスクールプリスクール・英語教室|BLESS. All Rights Reserved.